img_02

ファッションについて

毎年流行があり、それにのって洋服や小物を選んで、ファッションを楽しむのは、女性のみならず男性も同様です。

人は新しいものや変化を求める傾向にあり、そこで、多くの流行が生み出されていきます。


現在は、アパレルメーカーの戦略として計画的に生み出されています。

流行に関する情報は、テレビや雑誌、フリーペーパーなどから提供され、人々の購買意欲をかき立てます。

ファッション雑誌の記事は、販売の3ヶ月前から書かれています。
雑誌は広告によって成り立っているので、編集方針が広告主の意向に左右されたり、そのブランドの宣伝になっていたりするのです。

つまり、そういった情報は利害関係のある者たちにより発信されているのです。


今は自分に似合うかということよりも流行のものを選んでしまいがちです。
マネキンが着ている洋服がとてもよく見えてしまうのです。


必要なものか・そうでないかを考えていないと、流行が終わると着なくなってしまい、死蔵衣服を増やしてしまうことになります。
流行に流されずに主体的に衣服を選ぶことができるようにするには、ファッションリテラシーを高めることが大切です。

ファッションリテラシーとは、ファッションの情報を理解、整理し、自分の目的に合わせて利用できる能力のことです。

洋服・靴・アクセサリー・髪型・小物など、さまざまな流行が作り出されていますが、正しく情報を得て、自分の価値判断で選んでいけるようにしたいものです。